ブログ 楽曲解説

叶わない現実が錆びついて。『Fragile』楽曲解説

投稿日:

なにもかもが自分が悪いのに……どうしてこうなってしまったんだろう。こんにちは、夕立P(@mofday)です。
今回は地球はかい爆弾でシングルリリースもしていた楽曲『Fragile』について解説していきます。

Fragileのイメージ

わりと明るめ、キレイめな曲調で「歌詞が救いようのない」曲を目指していました。その頃ちょうど、そんなコンセプトで曲を書いているみたいなインタビューをしていた『She,in the Haze』の影響が強いかと思います。
ピアノのバッキングやフレーズは若干「魔女宅のルージュの伝言」っぽいかもしれません。こっちは自覚なかったんですけど、作ってからしばらく経ってから「あれ?」ってなったカンジですね。

Fragileができるまで

この楽曲、作曲に関する全ての作業をiPhoneで作っています。投稿する際のマスタリングは流石にDAWで行いましたが、それでもほぼ2mixの段階でiPhone上で完パケレベルまで作り込めました。使用したアプリはKORG GadgetとMobile VOCALOID Editor、そしてそれぞれの音源をミックスするのにGarageBandを使用しています。
曲の作り方としては、コードの浮遊感からまず浮かんできて、そこにわりとウネッて主張してくるベース、リズムを作って、最後にピアノの音を落とし込んでいきました。

Fragileの歌詞について

おさらいをしながら解説していますよ。

Fragile

別の曲『ロングロード』で言うところの「幼い頃の影が僕を責めるんだ」の部分に該当します。
こちらの曲ではずっと後悔しっぱなしで、一歩も進めていないどころか現実から逃避しまくっている、情けない主人公の姿を描いています。

不器用な僕もどうにか一歩前へ歩き始めたんだ。『ロングロード』楽曲解説

いつまでも終わらないぼくの旅。こんにちは、夕立P(@mofday)です。 今回は自分が作った曲の中でも3本の指に入るほどお気に入りになった楽曲『ロングロード』について解説します。 【結月ゆかり・IA】 ...

続きを見る

いまにも壊れそうな・壊れ物注意な主人公の歪な心情を歌ってもらいました。

そんなこんなで、むすび

ダラダラうだうだと、めんどくさいタイプの情けない主人公を描いた根暗な楽曲でした。
2ndアルバム収録時には『I'm sorry in my heart』というタイトルの次に来る曲ということで、そういう面でも色々と含みがあったりします。

色々と自戒を込めた曲でもあります。2度とこんなカンジの人間にはなりたくないな……っていうような。

  • この記事を書いた人

夕立P

2012年頃から、音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。オリジナル楽曲『レイニーレイニー』にてP名『夕立P』をいただきました。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。 いま欲しいものリストはこれです。

-ブログ, 楽曲解説
-, , , , ,

Copyright© 雨のちまた雨 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.