ブログ 楽曲解説

深い深い青の世界で。『Deeper than the blue』楽曲解説

更新日:

水中と言ったらワルツで3拍子だろうって、昔N天堂のコンポーザーがマ○オの曲作った時にぼく自身が思ったのでバンドサウンドで3拍子とか変拍子とか結構好きだったりするので、そういうのを採用してみました。こんにちは、夕立P(@mofday)です。
今回はこの記事を書いている時点でniconicoにアップしているものの中では最新作の『Deeper than the blue』について解説していきます。

Deeper than the blueのモチーフについて

曲のイメージは「深い海の底」と「そこに差し込む光」に貫かれる「深海魚」をモチーフとしたヤンデレ恋愛曲です。
光がわたしで深海魚があなた、みたいな。ところでぼくウルトラマリンブルー(フェルメール・ブルー)って好きなんですよね。だから青っていうイメージをどうしても使いたかったみたいな。まぁ要するにラピスラズリの色ですねコレ。

Deeper than the blueができるまで

最初に浮かんだのは高速で延々と流れるピアノのアルペジオフレーズでした。これ実は同人音楽で爽やかロックを作っている剣サウンドのTsurugiさんのいろんな曲の方からインスピレーションを得たのですが、着地点としては曲のコメントにあるようにゆよゆっぺ氏の『Palette』て曲にガチで似てしまいましたね……そこがなんか残念。この曲創る5年くらい前にあった曲ということで(どれだけ周回遅れなんだ……とも思う)。
Tsurugiさんの曲レビューはココで書いていますので、よかったらこっちも読んで聴いてみてください。
爽やかサウンドをストレートに。剣サウンド | R3Magazine

まぁその高速ピアノのフレーズに沿った形ではあるけど、ピアノのフレーズがどこで飛び出しても使えるような具合にベース・コードを組み立てていって、ギターとシンセのリフとかが一番最後に出来たって感じですが、基本的にはその順番で作っていくトンネル工事です。シンセのリフはほぼギターのそれの流用ですし……(((
ちなみにピアノのフレーズはこんなカンジで作っています。
印象的なアルペジオフレーズの、簡単で楽な作り方。 | 夕立ノート

ちなみにniconicoに投稿したものは動画制作まで含めて3時間の超突貫工事で作ったものですが、近日中にファンティアの月額プランの方で音源のブラッシュアップをしたものを先行公開します。
ファンクラブに入会よろしくお願いします!!露骨!!
ファンティアのファンクラブはこちらから。

Deeper than the blueの歌詞について

おさらいをしながら解説していますよ。

Deeper than the blue

あなたなしで生きていけない、でも深海の世界にわたしは留まることができない……
ならばいっそ、あなたの生きているその世界よりもわたしの方がずっとずっと愛して、包んであげるから
この世界で一番美しい存在になるように愛しましょう。
だから光(わたし)から逃げようとしないで、死ぬまで愛しましょう。

っていう歌詞です。ヤンデレ以外のなにものでもない。それにしてもグロテスクなのが多い深海魚に惚れるって結構な物好きな気がしなくもないですね(ひどい)。
青の世界……深海の世界での美しくて醜い愛のお話、でした。

そんなこんなで、むすび

「この曲っぽい」と言われたのが言い逃れできないレベルで似ていたのは悔しいですけど、曲事態は良いものを、それも相当なスピードで作れたのでそこは嬉しかったかな~。
あと今回は珍しくイラストも自分で描いてます。過去絵ですけど……この時点でモチーフに深海魚がいなかったので、水っぽくなっているゆかりさんの髪の毛に住んでいるのは金魚となっています。これでいいのだ。いやあんまよくない。

  • この記事を書いた人

夕立P

2012年頃から、音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。オリジナル楽曲『レイニーレイニー』にてP名『夕立P』をいただきました。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。 いま欲しいものリストはこれです。

-ブログ, 楽曲解説
-, , , , ,

Copyright© 雨のちまた雨 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.